団塊世代や団塊ジュニアとゆとり世代は合わない部分もありますが、仕事において上手に付き合って行く事が大切です。

癖のある団塊世代や団塊ジュニアと今のゆとり世代の若者は分かり合えるのか?

 

ゆとり世代と呼ばれる現在の若者は就職をするにあたり、団塊世代と分かり合えるのか?
が重要なテーマとなる事があります。

 

そもそも団塊世代とは一般的には1947年~1949年に産まれた人の事を指し、第一次ベビーブームでこの3年間に産まれた人が非常に多かった事から団塊世代と呼ばれております。

 

2014年現在の団塊世代は年齢にして65歳~67歳ほどとなっていて、定年退職をしている人も多くいるのが現状ですが社長や取締役・会長などの立場で経営に関わっている現役の団塊世代も多く、多くの企業は今の経営体制や社風を団塊世代の人達が築き上げてきたといっても過言ではありません。

 

 

団塊世代の特徴としては、年功序列が今よりも強くあった時代に育っているので年長者の事は大事にしますが、段階世代の人達自身が年長者に立った今目下の者に対しては自分の方が偉いと強く思っている傾向があります。

 

団塊世代

団塊世代は集団就職をしていた時代でもあり、バブルも経験しています。

 

 

団塊世代の全員とは言えませんが、生涯サラリーマンとして年功序列・終身雇用の中で仕事をしてきた人が多いので、自分に落度があっても目下の者には、強引な理由をつけて責任を押し付けてきたり、気を使わない若者にはキツくあたったり、扱いにくい所がある傾向もあります。

 

 

こうした団塊世代の人達が作ってきた社風に、ゆとり教育を受けてきた若者が入社すると、すぐにその社風に馴染めなかったり団塊世代の人達とうまく分かり合えない事もあります。

 

 

 

団塊世代の他にも第二次ベビーブームに産まれた団塊世代の子供達からなる「団塊ジュニア」と呼ばれる世代もあります。

 

一般的にそう呼ばれる世代は1971年~1974年に産まれた人達の事をさし、2014年現在43歳~47歳の人達の事をさします。

 

この世代の方が仕事を通じて接する事が多く、ゆとり世代の若者は上手に付き合う必要があります。

 

特徴は親の多くが団塊世代にあたるので、個性が強く団塊世代特有の考え方を継承している人も多いです。

 

幼少期~学生時代はバブルを経験して豊かな生活を知っていますが、就職する時は就職の氷河期時代とも言われ悲劇の世代とも言われています。

 

その時に正社員になれた人は、成功している人も多くバブルを経験している分浪費癖もありますが、お金を稼ぐ為の向上心が高い傾向もあります。

 

男女平等の教育で大学進学率は女性が男性を上回った唯一の世代にもなっていて、キャリアウーマンと呼ばれる仕事をバリバリこなす女性も多いです。

 

こういった育った環境もありますし、人が多い世代というのは、悪い表現をすると個性が強い傾向もあり扱いづらい面もあります。

 

 

 

 

ゆとり世代の若者はこうした団塊世代はジュニア世代と上手に分かり合って行く必要があります。

団塊世代やジュニア世代の人は特別な環境で育っていたという事を理解して、ゆとり世代の若者が一歩引いて大人の対応をする事が大切です。

 

最近では外資系などを中心に、終身雇用と年功序列を廃止した昔の考えを排除した企業も多くありますが就職で人気が高いのは、より安定している今の団塊世代の人達が築き上げた安心して働ける会社です。

 

こうした団塊世代やジュニアの事を悪く思うだけではなく、最近流行りのブラック体質ではない風土を築いてくれた事を感謝するなどポジティブな目線で見る事も大切です。