自動車メーカーは日本のモノ作りを代表とする業界で全般的に高い人気があります。

日本の主力産業でもある自動車業界の人気企業

 

自動車産業

日本を代表する産業のひとつである車業界

就職先の企業としても金融業界と並び、人気企業の定番となっています。

 

販売会社も、
「車が好きだから」
「成績を上げればすぐに給与に反映されるから」

 

などといった理由で人気の会社もありますが、大卒者に高い人気があるのはやはり製造メーカーとなります。

 

また、メーカー系以外にも車買取会社などは販売成績に応じて、月収100万円・年収1000万円を超える人も珍しくないようです。

 

 

その中でも代表格となるのが、トヨタ自動車。

今や販売台数は世界1位となり、名実ともに世界のトヨタとなりました。
日本車メーカーの中でもトヨタは群を抜いているブランド力もあり、人気を集めています。

 

 

 

トヨタと並んで日本の車メーカーの3強と言われているのがホンダと日産です。

この3社は企業規模も世界トップクラスとなっていて、安定性を重視する人はこの3強メーカーに強い思い入れを抱いている就職希望者も多いです。

 

 

その中でも特に人気が高いのがホンダ(本田技術工業)で、独自技術の開発に注力をしていて、トヨタと並んで自社ハイブリッドシステムの構築に力を入れていて、3強の中では唯一軽自動車の自社生産も行っているなど、さまざまな自動車ブームに乗れる基盤を持っています。

 

 

ホンダも含めて大手自動車メーカーは、新卒採用に学歴をあまり重視しない傾向があります

 

車に対しる熱意や情熱・人柄重視の指向が強く、3流大学に通っていたとしても、採用される可能性は充分にあります。

 

 

昔某自動車メーカー大手が新卒の選考の際にエントリーシート及び履歴書など応募者の情報全てに学歴を伏せて偏見を持たないで選考を行うという取り組みがされた事がありました。

 

結果的にはそれでも、採用者が決まった後に蓋をあけたらほとんどが東大や京大・6大学や国立大学などの高学歴者揃いだったようですが、例え高学歴でなくても採用される見込みもあり入社後も学歴関係なしに出世できる見込みが高いのが自動車メーカーの人気にもつながっているようです。

 

 

3強メーカーに次いで4番手の立場になるマツダでは、近年SKYACTIV技術でガソリンエンジンやディーゼルエンジンでの性能向上に成功しました。

 

 

日本よりも海外で高い評価を受けていて今後の成長性が期待されます。

 

 

他にもスバル・三菱・スズキなども日本だけではなく海外での需要も高い自動車メーカーは、国内で新車の代替えサイクルが年々伸びていたり若者の車離れがあるなどといった、多少ネガティブな懸念があっても企業規模自体は海外での販売動向によっては充分に今後更に伸びる見込みがあるのが特徴です。