人気企業の特徴は会社規模や業種・給与面などがあります。

入社希望者が殺到する人気企業の特徴とは

 

就職希望者が殺到する人気企業にはどういった特徴があるのかを紹介いたします。昔から定番の内容や最近強まっている人気企業の傾向などをいくつか具体例も挟みながらご紹介します。

 

 

企業規模が大きい

従業員の数は少ないよりも多い企業の方が人気が高いです。

 

会社の規模が大きければ倒産のリスクが少ない。安定する。などのイメージが強いようです。

 

大手企業であればネームバリューもありますし、福利厚生がしっかりしている。有給を消化しやすい。などといったポイントが人気の秘訣となっています。

 

増収増益を続けている

200年以降でもミニバブルやリーマンショック・東日本大震災などさまざまな外部環境の変化がありました。

 

こうした景気や経済の変動が大きい中でも安定して増収増益を続けている企業は人気が高く、最近では、正社員で雇用されてもリストラの可能性があったり、賞与をしっかりもらえない。などの悪いニュースがありますので、就職希望者は面接を受ける企業の決算情報などには敏感になっている事が多いです。

 

やりがいの高い職種

就職の人気企業ランキングの常連に電通やANAなどが入っているように、やりがいが高い職種でかつ大手となると就職の人気も安定しています。

 

風通しの良い社風

求人

社風をアピールする企業が増えていて、会社説明会を若手社員に担当させたり、内定者懇談会などに力を入れる企業が増えています。

 

若手でもしっかりと自分の意見を言える。相談に気軽に乗ってくれる上司や先輩がいるなど風通しが良い職場環境は人気が高く最近ではネット掲示板などで、社風や雰囲気が良い会社やそうでない会社の見極めがしやすい環境になってきています。

 

休みをしっかり取れる

最近のゆとり世代の若者は高収入を目指すよりかは、それなりの収入でプライベートも充実させたいと思う傾向が強いです。

 

週末休みや休日出勤の少なさ。代休や有給の取得状況を重視する人が多いようです。

 

勤務先の立地

最近は若者の車離れも進んでいます。

 

関東や関西の都市部については、駅チカなど通勤しやすく、仕事帰りに寄り道もしやすいような立地が良い勤務先の人気が高まっています。

 

社員食堂がある

最近の若者は晩婚化や生涯未婚者も増えてきています。

 

20代前半など新卒世代の若者は結婚願望も少なく、近年結婚する人は妻を専業主婦にして養うというよりかは共働きが一般的になってきているので社員食堂があって弁当がなくても食費が少なくて済む環境を高評価する傾向が強いようです。

 

大卒10年目の平均年収

最近では初任給よりも、大卒10年目などといった、ある程度の期間働いた時の平均年収を重視する人が多いです。

 

人気就職先ランキングで上位に来る大企業は、こういった数字が非常に高い企業が並んでいます。

 

離職率が低い

昔からある人気企業の定番です。

 

離職率が低ければ、働きやすい職場だと評価され、離職率が高いと条件は良くても入社すると何か問題があるのではないか?

 

と悪いイメージを抱きます。